もしも

ほんとにもしも

君も僕のこと思ってくれてたら

 

 

あんまり書きすぎると著作権料を取られるのでこれくらいにしておこうか

 

 

 

 それでさ

何かを始めようとする時ってさ、もうだいたい同じ歳で自分なんかよりよっぽど出来る人が星の数ほど、いや星の数ほどはいないんだけど、なんかそれくらいいてさ、

それでやる気削がれちゃうみたいなことってあるじゃないですか。

 

うーん同意を求める喋り方のやつぶん殴りてぇくらい嫌いなんだよな

 

読んでる人がどうかは知らないけど、興味もないし、こんな時間までインターネットしてないでホットミルクでも飲んで寝たらいいじゃんか。まったくもうしょうがないやつだ

 

 でもさ、まあそれを考えないようになんとか誤魔化して生きてるわけよ、毎日。毎日。

親に、私も天才卓球少女、みたいに、2歳くらいから何か叩き込んでくれればよかったのに、とか無理なことを時々は言ったりしてさ、

ほんとは好きに生きるしかなかったし、叩き込まれるのなんて大嫌いなくせにさ、人間だからそういうことを言ったりもするんだわ

そんなのも悪くはないと思ってるから凡庸なんだ。ダメです。一番じゃなくても一番だと思ってくれよ。

 

 

 

 

量的な部分からはみ出るところが哲学の扱う範囲だとか言ってさ、なんかカッコつけたけどやっぱりあれは嘘で哲学なんて色々削り取られた残りカスみたいな無惨な何かかもしれないなとか思ってそんでどうしようもなくそういうの好きだなぁとかって気付く。物差しの中にいるのが嫌いみたいな寒い斜に構えた姿勢が幼稚園の時から変わらないのもういっそ首尾一貫してるって誰か褒めてくれないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

小六のとき好きだった男の子と塾帰りに寄ったイオンのしょぼいゲーセンのUFOキャッチャーでその子がとってくれたキャラクターもののパスケースがまだ置いてある机でもう多くの人がとっくに出来るようになってるであろう馬鹿みたいな英文法を勉強している馬鹿みたいな自分、頑張って欲しいと思う

 

結局高校生になってからその子と少しだけ付き合って全然上手くいかなくてびっくりして傷付いたのになんでこんなもの置いてあるのか皆目見当もつかない、こわい

 

 

 

 

もうカナダに行ってしまった天才の置いて行った砂が緑色の砂時計本当に実用性がないんだけど、多分こんな文句言ったら実用性がどうした、って返されるでしょ、そう言って欲しい
drift apartの経験について話してと言われて真っ先に思い浮かんで話したけどnot fightといわれてしまった。引っ越しとかそういう物理的な話らしい。精神じゃないのか。量的だ。喧嘩したのかぁ。実感がないなぁどうしていなくなってしまったのかわからないっていうのは嘘で今なら本当にわかる

広告を非表示にする